このページではJavaScriptを使用しています。

全天候型テント事業Tent business

全天候型の巨大空間を確保する
仮設テント「ATMOS」

ATMOSとは、巨大空間を確保できる「全天候型仮設テント」です。
構造物を丸ごと覆うことができるので、構造物の撤去工事、保存修理工事、ハウス栽培、イベント・ライブなど、多くの用途に活用可能です。
また、全天候型ゆえ、24時間365日でも稼働可能な、計画通りのスケジュールが担保されるなど、様々なメリットをお届けすることができます。

価値「工事企画者様」&「工事事業者様」に対するバリュー

  • 工事プランのスムーズ化(=工期の短縮)と、工事品質の向上24時間365日、交代制導入によるワークシェアリングが可能に
  • 天候に左右されない工事が可能
  • 建設重機の稼働率の向上
  • 騒音や粉塵、安全な除染など、近隣環境に影響を与えない工事が可能
  •   

価値様々な「事業開発者様」に対するバリュー

  • テント内での天候に左右されない事業の遂行が可能
  • 安全な価値の保護が可能

ATMOSの活用事例

環境配慮型構造物などの撤去、文化財建造物の保存修理、都市再開発および、一般作業場や保管ヤードなど、様々なシーンで、安全で円滑な作業を可能にしています。

  • 光が丘清掃工場 建替工事巨大市街地での清掃工場の建替工事に活用された事例

  • 道後温泉本館保存修理工事松山市様はテント自体にラッピングアートを展開。保存修理工事中も周囲に魅力をアピール

まだまだ広がるATMOSの活用可能性
大規模農業を実現するハウス栽培用テント

予想のつかない台風や荒れた天候にも、飛ばさない安全な仮設構造物で、テント内にある財産を守ります。

イベント・ライブ用の仮設テント

地方イベントやライブなどにも安全に対応できる、全天候型の空間を作り、その中で興行することができます。

規模・用途に合わせて選べるATMOS

ATMOSシリーズは、全天候型仮設テントを使った工事やイベントなど、様々なユースケースに合わせてサイズを選ぶことができます。

 

ATMOSは国土交通省の公共工事等における新技術情報提供システムNETISに登録されています。 新技術名称:アトモス(ATMOS)工法
登録番号:QS-180051-A

全天候型仮設テントの規模別名称

超巨大テントメガATMOS

サイズ寸法: 最大開口110m、最大軒高45m、最大奥行148.2m(81スパン)内外

活用事例:超巨大構造物建設超大型撤去作業イベント

巨大テントATMOS

サイズ寸法: 最大開口85m、最大軒高36.8m、最大奥行115.3m(63スパン)内外

活用事例:大都市市街地清掃工場の撤去、再開発巨大重要文化財建造物イベント

中小規模テントPATMOS

サイズ寸法: 最大開口40m、最大軒高15m、最大奥行73.2m(40スパン)内外

活用事例:中小清掃工場の撤去イベント

中小規模テントKITMOS

サイズ寸法: 最大開口35m、最大軒高15m、最大奥行47.6m(26スパン)内外

活用事例:重要文化財建造物作業ヤード保管ヤードイベント

テント内の作業環境を良好とする取組

散水制御による粉塵の拡散防止

粉塵の舞上がり、拡散を抑制するために、散水ノズルを設置し、作業場所ごとに散水できるようにしています。

気流制御による粉塵の効果的な吸引

粉塵が滞留しないよう、外気吸引口を上層に配置、集塵機吸込口は下層に配置しています。