構造物解体

構造物解体について

ここ数十年、日本の構造物は高層化が進んできました。また災害・環境対策などで構造物も新しい安全基準へと移行しており、その進捗は年々加速傾向にあります。
必然的にビルの老朽化や安全基準の変更に従って、基準に満たない構造物の解体というニーズが増えております。

超高層ビルの解体には欧米などでは発破解体が主に用いられますが、日本では建造物が密集しているなどの理由により、建最上段から順に解体していく方法や、ジャッキを利用して下から順に解体していく方法などが採用されることが多くなります。
そのため安全の確保と環境の保全が大きな課題となっています。より一層近隣の住環境への配慮や土壌、大気など自然環境への配慮が必要になります。
当社では、「安全・環境・法律遵守」の観点から難度に合わせた解体工法をお客様にご提案いたします。

構造物解体イメージ1

  • 解体(ワークプラットホーム移動式足場)

    解体(ワークプラットホーム移動式足場)

  • 解体(ワークプラットホーム移動式足場)

    解体(ワークプラットホーム移動式足場)

  • 解体

    解体

  • 養生(航空写真)

    養生(航空写真)

  • 監視モニタ

    監視モニタ

  • 監視モニタ

    監視モニタ

totop

業務内容紹介

  • 構造物解体
  • 焼却炉解体
  • 土壌汚染処理
  • 水処理
  • 煙突解体処理
  • 都市開発事業